お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. トップ
  2. ブログ一覧
  3. バーチャルオフィス検索数に見る2016年トレンド

バーチャルオフィス検索数に見る2016年トレンド

そもそもいつからこの「バーチャルオフィス」なるサービスが出て来たのか?諸説ありますがこの言葉、フレーズが出てきた時代をGoogleトレンドから探ってみたいと思います。郵便物だけを受け取る私設私書箱なるサービスは、かなり昔からありますが「元祖」はいつなのか?

検索数の推移は、上記の通り。おおよそ2007年4月ぐらいから極端に盛り上がり、その後、一定の検索数をキープしています。このサイトも2006年7月より開始しており、「老舗」や「元祖」をうたってもそんなに怒られないかもしれません・・・

東日本大震災があった2011年を検索数のピークに、その後やはり減りますが安定してきています。バーチャルオフィスは、やはり起業・開業・独立とともに賃貸事務所から経費削減の為に移動する事もあり、一種の景気や改行のバロメーターにもなると考えられます。

バーチャルオフィスでの起業は多くなっているのか?

年間企業増加率を中小企業庁で調べてみると、廃業が開業を上回り年々企業の数は減っているのに対し、バーチャルオフィスの検索数は、減るどころか一定をキープしています。実際には、増えて欲しいような気もしますが企業数が減っている中、検索数は一定なので、起業・開業時の選択肢としては多くなってきていると言えます。

2009年~2012年。東日本大震災を挟むこの時期では、年平均13万社の純減がありました。つまり、開業-廃業=マイナス13万社と言う事になります。この数値には、自営業も含まれるため自営業+法人の数になりますが意外と大きな数値です。

2009年~2012年の間における開業は、年平均6万件。法人と自営業者も含みますがこのうち、一体バーチャルオフィスを使って開業したのはどのぐらいでしょうか。当社が紹介するバーチャルオフィスだけでも、年間2,000件程度は把握・補足しておりますので、業界全体で見ればその十倍?約20,000件。

起業や開業する人のおよそ30%は多いかもしれませんが、20%はバーチャルオフィスである可能性が高くなります。検索数的にも周辺キーワードも含めれば1万件以上にはなるため、毎月そのぐらいのクエリがあればあながち大外れでは無いかもしれません。

 

2016年のトレンドも維持?

バーチャルオフィスの検索から見た結果では、残念な事に開業が増えれば件数も上向く可能性がありますが、もしも開業が減っている傾向にあるならば、バーチャルオフィスの検索トレンドも一緒に下がらない限り、起業や開業の際に使う人の割合が多くなると考えられます。

よって、2016年の検索つまりは、利用に関してもキープし開業・独立・起業する人たちがオフィスや賃貸事務所の変わりとして。また、ミニマムスタートとしてバーチャルオフィスを利用する傾向は続くと考えられます。

新着記事

週末起業するときの平日の電話対応の方法とは?

副業が認められる企業が増えているなかで、週末起業を考える方も多いでしょう。 その際、疑問に思うことの1つに本業の仕事をしている平日...

起業家であれば知っておくべき! 人脈づくりのポイント

起業家にとって、人脈作りは会社の存続や成長のためには欠かせない行動です。 しかし、起業家の中には人脈づくりや営業の仕事が苦手だという...

おすすめ記事

週末起業するときの平日の電話対応の方法とは?

副業が認められる企業が増えているなかで、週末起業を考える方も多いでしょう。 その際、疑問に思うことの1つに本業の仕事をしている平日...

起業家であれば知っておくべき! 人脈づくりのポイント

起業家にとって、人脈作りは会社の存続や成長のためには欠かせない行動です。 しかし、起業家の中には人脈づくりや営業の仕事が苦手だという...

携帯だけじゃだめ? 起業するにあたって固定電話は必要なのか

起業するにあたって銀行口座の開設や実印登録など、さまざまな準備が必要になってきます。 そのなかで起業を検討している方が悩まれるもの...

起業するなら「個人事業主」と「会社設立」のどっちが良い?

いざ「起業しよう」と心を決めたとき、考えなくてはならないことは実に多くあります。 事業内容との兼ね合いによりますが、「個人事業主」と...

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例