お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. トップ
  2. ブログ一覧
  3. 住民票を置く事は出来ません

住民票を置く事は出来ません

バーチャルオフィスのサービスを提供し始めて、すぐの頃。つまり10年以上前の話になりますが、勝手に住民票をバーチャルオフィスで提供する住所に移して、行政から書類が届くケースがありました。もちろん、サービスとして住民票を置く事は禁止していますし、法律的にも不適切です。しかしながら、お客様に聞いてみると「海外に暫く行くのでその間、住民票を置いておきたかった」ともっともな回答が返ってきました。

本当か嘘かは分かりませんがそういったニーズもあるのだなと感じた一件です。確かにバーチャルオフィスで提供された住所に、住民票を置くと言う話はちょっと置いておいた場合、海外に数年行く人の住民票はどうなるんでしょうね。親戚や実家、友達などお願い出来そうな人は多いかなと思いますので、ちょっと不自然ではあります。

さて、本題に話を戻すとこれは、どこの事業者でも同じルールなので、「ここのバーチャルオフィスなら住民票を置いてもOK」なんて事はありませんので、探すだけ時間がもったいない話となります。

 

また脱線してしまうと、越境通学や学区の関係。補助金や手当など、住民票が置いてある行政なり区域がどうしても必要。と言うケースもあると思います。気持ちは分からないでもないのですが、やはりバーチャルオフィスに住民票を置く事は出来ないようです。もっとも、マイナンバーも始まりましたし、行政が国民全員に電子ポストを提供し、それをベースにやりとりが出来るようになれば、それこそ国民がどこにいようが関係なくなるのですが、現代では納税なども地域密着になっているケースも多く、まだまだ時間がかかりそうですね。

 

住所不定無職。ビジネスシーンから変わり、その後、個人にも波及するかもしれません。バーチャルオフィスではなく、バーチャルホーム。などのサービスがあっても良さそうです。

 

 

 

 

新着記事

女性起業家にすすめるバーチャルオフィス

近年女性の社会進出が進み、起業をしたりフリーランスとして個人事業主になったりする女性が増えていますね。 結婚や出産、子育てなど人生に...

バーチャルオフィスを使って住民税を節税

納税の義務と節税 個人事業主であっても、税金を納税する義務があります。納税は日本の憲法にも記されている国民の三大義務のひとつです。です...

おすすめ記事

女性起業家にすすめるバーチャルオフィス

近年女性の社会進出が進み、起業をしたりフリーランスとして個人事業主になったりする女性が増えていますね。 結婚や出産、子育てなど人生に...

バーチャルオフィスを使って住民税を節税

納税の義務と節税 個人事業主であっても、税金を納税する義務があります。納税は日本の憲法にも記されている国民の三大義務のひとつです。です...

最近の自営業にはどのような仕事がある?

最近では事業を起こし、自営業を始める方が増えています。 会社勤めにはない自由がある一方で、自己責任を伴うのが自営業です。 また近年...

フリーランスはどのような職場で働いているか

最近は働き方も多様化し、フリーランスで働いているという人の数も増えていることと思います。 好きな時間に好きな場所で働けることは大きな...

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例