お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. トップ
  2. ブログ一覧
  3. 時間貸しのサービスオフィスにはどんなメリットがある?

時間貸しのサービスオフィスにはどんなメリットがある?

時間貸しのサービスオフィスにはどんなメリットがある?

自分で賃貸契約することなく、レンタルオフィスを借りて開業する起業家や士業の方が増えています。
オフィスを貸し出すサービスを「サービスオフィス」や「レンタルオフィス」などと呼び、多くの起業家に愛用されています。

愛用される理由のひとつがビジネスの俊敏性です。すぐに業務が始められる環境設備があるだけでなく、不在や接客中で電話対応できないというデメリットも解決してくれます。
サービスオフィスは、不動産の賃貸よりも安く借りられるというメリットがあるものの、契約時に家賃数か月分の保証金が必要になることなどがネックとなることもあるようです。
このような中、いま時間貸しのサービスオフィスが増えています。

ここでは、時間貸しのサービスオフィスが好まれるようになった背景と、時間貸しサービスオフィスのサービス内容についてご紹介します。

月貸しのサービスオフィスには限界がある?

サービスオフィスの利点は、立地の良い場所を選ぶことでの移動の利便性や、最初からオフィスにOA機器などが完備されていることです。
賃貸契約する一般的なケースと比べると、すぐに業務が始められるという利点は確かにありますが、実際にレンタルオフィスを使用するとなると審査期間が必要であったり、契約手続きが必要になってしまったりと多少のロスが生じてしまうのです。
さらに家賃数か月分の保証金が必要になるため、その資金の準備期間が必要になる場合もあります。

手軽さを売りにするサービスであるがゆえに、かえって手間が掛かる部分に不満を感じる方も少なくないのです。

時間貸しサービスオフィスのメリット

「時間貸しサービスオフィス」は時間単位で利用でき、最短で1時間から利用できます。
内容は、一般的なサービスオフィスと変わりませんが、時間単位で利用するため、煩わしい審査や手続きに時間を取られることはありません。このため、空室があればその日1日だけの利用をすることも可能です。

ワークスペースとして借りるだけでなく、OA機器の利用ができ、受付では来客・電話の対応もしてくれるため、一時的に取引先とミーティングをする際の場所としても利用することができます。
また“出張で地方に赴いているためワークスペースがない”という方でもすぐに仕事の環境を得ることが可能です。

二次的なオフィスとして活用するのがおすすめ

時間貸しは、必要な時に必要なだけ利用するという点に特化しています。このため、長期間での使用ではかえって費用がかかってしまいます。
また、時間貸しは自分が使いやすいようにレイアウトなどを変更することができません。
自分にあった効率のよい空間を作るには、一定期間使用することが大前提となります。

時間貸しの利用は、他に働く拠点がある方におすすめです。
メインとなるオフィスがある方、自宅を仕事場にしている方が、接客を行うための臨時オフィス、出張先での緊急オフィスとして活用するのが一番時間貸しのメリットを活かせるでしょう。
地方で働いている方が都心でお客様と話し合いをする際にも、お互いにアクセスの良い場所で会うことができます。
 
業界団体・地域の団体・商工会議所などに登録する

時間貸しのサービスオフィスは、地方に会社がある営業マンや、主に自宅での作業がメイとなるフリーランスの方に向いていると言えるでしょう。

会社や家の内装を気にすることもありませんし、1人でのオフィスを利用していても常に受付や電話の取次ぎサービスがあるため、お客様がくるまで自分の仕事に集中できるのも嬉しい点です。
ぜひ、コストを抑えて俊敏性の高い営業していきたいという方は時間貸しサービスオフィスの利用がおすすめです。
 

新着記事

独立した理由アンケート【ぶっちゃけ何で独立・起業しましたか?】

現在、多くの方が独立や起業をして、個人事業主・フリーランスとして働いています。 彼らはどうして、独立や起業に踏み出したのでしょう。 ...

何が必要? 「個人事業」の始め方

会社に雇われず、起業し自らで仕事や事業をおこなっていく場合は、「個人事業」として扱われます(会社法人を立ち上げた場合は「法人事業」と...

おすすめ記事

独立した理由アンケート【ぶっちゃけ何で独立・起業しましたか?】

現在、多くの方が独立や起業をして、個人事業主・フリーランスとして働いています。 彼らはどうして、独立や起業に踏み出したのでしょう。 ...

何が必要? 「個人事業」の始め方

会社に雇われず、起業し自らで仕事や事業をおこなっていく場合は、「個人事業」として扱われます(会社法人を立ち上げた場合は「法人事業」と...

起業は20代の若いうちにしたほうがいい? その理由は?

皆さん、起業をするタイミングは何歳くらいをイメージしていますか。経験を積んで30代、40代で起業を考えている方、もしくは定年後に起業を考...

フリーランスで起業するにはいくらくらい貯金が必要なの?

ライターやウェブデザイナー、ネット販売など、現代社会では個人が起業をして個人事業主になる、いわゆるフリーランスという働き方が選択しや...

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例