お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. トップ
  2. ブログ一覧
  3. バーチャルオフィスとは?(住所貸し編)

バーチャルオフィスとは?(住所貸し編)

バーチャルオフィスとは、基本的に大きく分けて6つのサービスのチョイスだと考えて頂いて間違いありません。「住所貸し」「荷物受取代行」「共有FAX」「転送電話」「電話代行」「会議室(共有デスクスペース)」この6つのサービスのありなしで、ほとんどのバーチャルオフィスが構成されています。また、記帳代行や会社設立代行、イベントやセミナーまでついたプランなどもあります。今回は、一番重要な住所貸しについて解説していきます。

住所貸し

住所貸し。読んで字のごとく住所を提供、貸与する事になります。このサービスが無ければ、バーチャルオフィスではないと言っても過言ではありません。この住所貸しがあるからこそ、バーチャルオフィスと言えるぐらいです。この住所貸し。どう使うかと言えば、ビジネスをする際には、名刺・Webサイト・フライヤーなどに住所を表記や税務手続き、法人登記の各種手続きなど、色々なものに住所を使う事になります。

例えば、昨今のビジネス事情では、Webデザイナー・コンサルタント・プログラマー・ライター・EC運営などなど、1人で起業、1人だけでビジネスが出来るような時代になりました。スマホとPCさえあれば、ビジネス・仕事が出来る世の中です。その中で1つまだアナログなのがこの住所です。至る所に本人や会社の所在を示す住所が。ゆくゆくは、電子メールや携帯番号など、物理的な不動産を中心としない世の中になるかもしれませんがまだまだ必要なのが「住所」になります。

この名刺に使ったり、法人登記で使ったりするための住所を手に入れる事が出来るのがバーチャルオフィス(住所貸し)になります。あとは、どこの都道府県でどこの街の住所にするか?になりますが、理由がない限りは、基本的に自宅から近い場所や好きな場所。仕事でよく行く場所などになります。

また、使っていく上でビジネスをしながら、途中で変更する事も出来ますが変更するには、多少の手間とコストがかかります。しかしながら、一回決めたらもう変えれない。と言うわけではないので、そんなに悩む必要はないジャンルでもあります。機種変更をするぐらいの感覚でも良いはずです。

 

 

 

新着記事

女性起業家にすすめるバーチャルオフィス

近年女性の社会進出が進み、起業をしたりフリーランスとして個人事業主になったりする女性が増えていますね。 結婚や出産、子育てなど人生に...

バーチャルオフィスを使って住民税を節税

納税の義務と節税 個人事業主であっても、税金を納税する義務があります。納税は日本の憲法にも記されている国民の三大義務のひとつです。です...

おすすめ記事

女性起業家にすすめるバーチャルオフィス

近年女性の社会進出が進み、起業をしたりフリーランスとして個人事業主になったりする女性が増えていますね。 結婚や出産、子育てなど人生に...

バーチャルオフィスを使って住民税を節税

納税の義務と節税 個人事業主であっても、税金を納税する義務があります。納税は日本の憲法にも記されている国民の三大義務のひとつです。です...

最近の自営業にはどのような仕事がある?

最近では事業を起こし、自営業を始める方が増えています。 会社勤めにはない自由がある一方で、自己責任を伴うのが自営業です。 また近年...

フリーランスはどのような職場で働いているか

最近は働き方も多様化し、フリーランスで働いているという人の数も増えていることと思います。 好きな時間に好きな場所で働けることは大きな...

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例