お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. バーチャルオフィスKarigoトップ
  2. 全国のバーチャルオフィス店舗一覧
  3. バーチャルオフィス名古屋 東

バーチャルオフィス名古屋 東名古屋のイメージ

基本情報

提供住所(概要) 愛知県名古屋市東区東桜~
提供住所(建物名) ○○ビル ○階 or ○○号
最寄駅
  • 名古屋市営地下鉄桜通線 高岳駅 徒歩2分
店舗基本情報
  • 営業時間
    10時~18時
  • 提供番号局番
    052-*
  • 郵便物
    店舗取引 可
  • 定休日
    土日祝その他

提供可能プラン

ホワイトプラン サービス
  • 住所
    貸出
  • 共有
    FAX
  • 転送
    電話
  • 電話
    代行
入会金 ¥5,250
月額基本料金
  • 個人名¥3,150
  • 法人名・屋号¥5,250
ブループラン サービス
  • 住所
    貸出
  • 共有
    FAX
  • 転送
    電話
  • 電話
    代行
入会金 ¥10,500
月額基本料金 ¥10,500
オレンジプラン サービス
  • 住所
    貸出
  • 共有
    FAX
  • 転送
    電話
  • 電話
    代行
入会金 ¥18,900
月額基本料金 ¥15,750
シルバープラン サービス
  • 住所
    貸出
  • 共有
    FAX
  • 転送
    電話
  • 電話
    代行
入会金 ¥18,900
月額基本料金 ¥21,000

周辺地図

  • 地図は実際の店舗住所とは異なります。

オーナーコメント

バーチャルオフィス名古屋は、都心・栄のすぐ近く地下鉄高岳駅徒歩1分という抜群の好立地に位置する住所でご利用が可能となっております。栄は名古屋市の中心であり名古屋のシンボルとしても知られる名古屋テレビ塔や愛知芸術文化センターや多数の百貨店等がある繁華街です。店舗の近隣には東海テレビや中部電力本社など主要企業が立ち並ぶビジネス街でもあり、また大学など学校が多い文教地区でもあります。名古屋市を拠点にビジネスをされる法人の方や名古屋市に住所をもちたい個人の方にとても便利で有利に活用していただけますので是非ご利用ください。バーチャルオフィス 名古屋をよろしくお願い申し上げます。


バーチャルオフィス名古屋はどんなところ?

仮想的、あるいは実体をもたないものを指す「バーチャル」、会社組織において事務所を指す「オフィス」。この二つの言葉からできている「バーチャルオフィス」とは、実際に事務所スペースを借りることなく、住所や電話番号のみを借りられるサービスのことです。最小限の経費で愛知・名古屋市をはじめとした好立地に会社住所をおくことができるので、これから起業される方などにはおすすめのサービスです。 ここでは、名古屋でバーチャルオフィスを借りるメリットについてご説明します。



大規模なオフィス街は市内に6ヶ所

市内には「名駅エリア」「名駅西エリア」「伏見エリア」「丸の内エリア」「金山エリア」「栄エリア」という6つの大規模なオフィス街がありあます。特に、2017年に完成したばかりのJRゲートタワーやセントラルタワーズなど高層階のオフィスビルが立ち並ぶ「名駅エリア」や、中小~大規模ビルが多数建てられている「丸の内エリア」は利便性が高くオフィスを構えるエリアとして人気が高まっています。ビジネス街である名古屋にオフィスを構えたいと考える起業家は多いはず。それでは、名古屋でバーチャルオフィスを借りるメリットはどんな点にあるのでしょうか?その具体的なメリットを4つ紹介します。



1.東海エリアの中心にオフィスを構えられる

日本三大都市の一つともいわれる名古屋は、16の区から成る全国3位の人口密集地。商業の発展に伴い東海エリアにおけるビジネスの中心地としても成長しており、電機メーカー「ブラザー工業」や、スマートフォン向けコンテンツを手がける「株式会社エイチーム」などの大手企業が市内に本社を置いています。



2.コストが最小限に抑えられる

関東や関西圏に比べれば安いものの、名古屋は家賃が高い都市といわれています。賃貸オフィスの賃料相場は、5〜20坪ほどのスペースで坪単価8,500〜10,500円程度。例えば10坪ほどのスペースでビルの一室を借りたとすると、毎月100,000円程度の賃料がかかります。さらに初期費用や光熱費(電気、ガス、水道代)などのコストも発生。ところが、バーチャルオフィスを借りた場合、月額10,000円前後。バーチャルオフィスであれば家賃や初期費用はもちろん、光熱費が発生することもないため、予算のない方でもコストを最小限に抑えることが可能なのです。



3.企業のブランド力を強化できる

バーチャルオフィスの基本となるサービスが「住所貸し」です。郵便物や荷物を受け取るために必要な住所を貸与してもらうことで、契約者はホームページや名刺、パンフレットなどに所在地を記載することができます。掲載する会社所在地の立地条件が良ければ良いほど、企業のブランド力を強化できるというメリットが期待できるでしょう。バーチャルオフィスで貸与されるのは、人気の高いエリアに該当する住所であることが大半。もちろん名古屋市内の住所も多数あります。名古屋という好立地に会社住所を置くことは、企業の信頼や価値の向上にもつながることでしょう。会社の住所を別に持つことができるというのは、個人事業主で自宅住所を公表したくない方にとっても好都合ですね。



4.満員電車に乗る必要がない

名古屋市内のオフィス街へ通勤する場合、通勤ラッシュを避けては通れません。特に混雑率が高いのが名鉄各線であり、ピーク時の乗車率は140%程度と言われています。当たり前ですがバーチャルオフィスなら、オフィスに出社する必要がありません。自宅で仕事をすることも可能であり、満員電車に苦しめられることとは無縁です。



バーチャルオフィスは経営戦略の一つになりうる

バーチャルオフィスでは、荷物受取代行や電話転送、電話代行といったサービスもリーズナブルな価格で受けられます。人手が足りないという個人経営者にとっても、よりスムーズなオフィスの運営が実現できるでしょう。名駅や丸の内など人気のビジネス街に所在地を置きたいと考えている方は、是非他社との差別化や経営戦略の一つとしてバーチャルオフィスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。