お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. バーチャルオフィスKarigoトップ
  2. ブログ一覧
  3. 起業を成功に導くビジネスプランの作り方

起業を成功に導くビジネスプランの作り方

起業を成功に導くビジネスプランの作り方

起業するにあたって、明確なビジネスプランを作っておくのが重要です。
どういう会社でありたいのか、何を指針としていくのか。
それをはっきりとさせておかなければ事業の運営方針がぶれ、収入もあまりないのに無駄に支出ばかりがかさむことにもなりかねません。
具体的にどんなビジネスプランを作れば良いのかについて考えていきましょう。

ビジネスプランの目的

ビジネスプランを作成する目的としては、以下のようなものが挙げられます。

(1)事業内容の魅力を示すことで、融資を受けやすくする

どんなに優れたアイデアを持った事業であっても、先立つものがなくては立ちゆきません。
まずは資金を集めるために、外部に公開できる事業としての魅力を開示します。

(2)事業内容を明確にし、企業内でのコンセンサスをとる

複数の人間が起業に関わる場合、そのメンバー間で目的意識を共有することはとても大切です。
個人事業であれば自分の中で事業に向かう意識をはっきりさせるという意味があります。

(3)起業と事業運営にあたってのリスクと問題点の洗い出し

起業とは現実です。そして現実とは厳しいものです。
その厳しい現実に立ち向かうにあたって、今から自分たちが行おうとしていることは可能であるのか、問題はないのかなどの精査を行います。

ビジネスプランに記載すべき内容

ビジネスプランに記載すべき内容

(1)プロジェクトの名前
名前というのはなかなかに重要なものです。
これからの活動の旗印としていくにふわさしい名前をつけましょう。

(2)事業の主目的
何を目的とした事業であるのかと、その魅力を端的に述べます。

(3)会社概要
責任のありかと指令系統をはっきりとさせます。

(4)企業理念
事業に対する目的意識を明確にします。

(5)サービスモデル
どのようなかたちで顧客にサービスを提供していくのか。
それはこれまでに提供されてきた商品とどう違い、どういう利点があるのかを示す必要があります。

(6)ターゲット
事業が対象とするのはどのような層であるのかを記載します。

(7)市場規模とその発展性
その事業がどれほどの顧客数を期待できるのか、またそれが今後も継続あるいは増加する予想が立てられるのかというのはとても重要です。

(8)想定されるリスク
事業には必ずリスクが伴います。予想できるリスクとその対応策を用意しておくべきです。

(9)その他
必要となるさまざまな資料や、対外的にアピールしておきたい付記情報などを記載します。

これらの情報を対外的に、また内部的にも明確にすることで今後進むべき道がはっきりします。
要所にマイルストーンを置き、現実的かつ最大限の進み幅の得られるようなビジネスプランを考案してください。

新着記事

バーチャルオフィスに住民票はおけるのか?

昔ほどではなくなったものの、「バーチャルオフィスに住民票はおけるのか?」と問い合わせがある場合があります。バーチャルオフィスが出来る前...

バーチャルオフィスの荷物について

バーチャルオフィスのサービスで絶対に外せないのが「荷物」に関するサービスです。荷物と言っても葉書、封筒、小包(段ボール箱など)などの種類...

おすすめ記事

バーチャルオフィスに住民票はおけるのか?

昔ほどではなくなったものの、「バーチャルオフィスに住民票はおけるのか?」と問い合わせがある場合があります。バーチャルオフィスが出来る前...

バーチャルオフィスの荷物について

バーチャルオフィスのサービスで絶対に外せないのが「荷物」に関するサービスです。荷物と言っても葉書、封筒、小包(段ボール箱など)などの種類...

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

レンタルオフィスやバーチャルオフィスが利用され始めて約20年。両キーワードはメジャーになりましたが、実際どこが違うのか?設備、サービス...

節税やコロナでも使える経営セーフティ共済

節税対策として税金の繰り延べ効果がある「経営セーフティ共済(旧:倒産防止共済)」。最大800万円まで積み立てることができ、年間最大納付額は24...

記事の検索

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例

基礎知識