お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. バーチャルオフィスKarigoトップ
  2. ブログ一覧
  3. 法人の移転登記が実は簡単すぎる件

法人の移転登記が実は簡単すぎる件

移転登記

 

法人設立後に移転をする際、移転登記が必要となります。引っ越しをする、オフィスを縮小する。バーチャルオフィスから他社バーチャルオフィスへ移る。などなど理由があると思います。やはり、何も分からないと司法書士に委託して完全代行してもらう。もしくは、行政書士に頼んで書類だけ作ってもらう。これがほとんどだと思います。料金的にも管轄内か管轄外で料金が変わるケースがありますが安くて2万円ぐらいの手数料になります。あとは印紙代が3万円か6万円です。

 

もしも、「俺の時給は4万円以上だ」と考えれたり、とりあえず手戻りが多くてトラブルになっても困る。場合は、やはり委託が楽です。必要な情報を出してお金を払い、司法書士や行政書士に依頼するだけです。ここで、少しでも安くしたい。仕事は無いが時間はある。勉強の為にやってみたい。と考えるならば、移転登記は実は超簡単に自分で出来てしまうのです!

 

こちらの法務局ページにテンプレートがありますので、最新のものをダウンロード(法務省ページ)しましょう。ページにジャンプして頂き、ページ内検索(Ctrl+F)で「移転登記」と検索すればファイルにジャンプできます。記載例と共に用紙のテンプレートがありますので、必要事項を入力していきます。もしも、分からない事が出たら電話してきいちゃいましょう(全国の法務局)。

 

書類が完成したら、郵送で法務局へ送る事で手続きが完了します。書類に不備が無ければそのまま。大よそ2週間前後ぐらいで登記情報が変わります。完了した連絡は特に来ないので、問い合わせれば回答してくれるかもしれません。また、同封書類には、連絡先電話番号と住所も記載しておきましょう。不備があってもスムーズに対応できます。

 

これだけの作業で手数料2~4万円削減できますので、スタートアップでは自分で移転登記するのも手です。

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/2/lolipop.jp-dp51171039/web/blog/wp-content/themes/karigo.net-blog/functions.php on line 160

新着記事

便利なバーチャルオフィスに起こるトラブルを種類別に紹介

事務所を構えることなく、住所や電話番号などが借りられるバーチャルオフィスは、初めて起業する人にとっても利用しやすいのが特徴です。 一方...

バーチャルオフィスの費用相場は?価格別の特徴を紹介

起業する人の増加やリモートワークの普及に伴い、バーチャルオフィスの需要が増えています。 リーズナブルな価格で利用できることが、バーチャ...

おすすめ記事

便利なバーチャルオフィスに起こるトラブルを種類別に紹介

事務所を構えることなく、住所や電話番号などが借りられるバーチャルオフィスは、初めて起業する人にとっても利用しやすいのが特徴です。 一方...

バーチャルオフィスの費用相場は?価格別の特徴を紹介

起業する人の増加やリモートワークの普及に伴い、バーチャルオフィスの需要が増えています。 リーズナブルな価格で利用できることが、バーチャ...

これで失敗しない!バーチャルオフィスを選ぶポイント4つを紹介

バーチャルオフィスの選び方には、ポイントがあります。料金・サービス・立地・運営体制のそれぞれをチェックして、ビジネスに最適なオフィスを見...

起業時にバーチャルオフィスの利用がおすすめ!メリットと注意点を紹介!

バーチャルオフィスは、これから起業を目指す方におすすめです。不動産としてのオフィスをもたなければ、毎月の賃料なども発生せず、無駄なコスト...

記事の検索

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例

基礎知識