お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. バーチャルオフィスKarigoトップ
  2. ブログ一覧
  3. 住民票を置く事は出来ません

住民票を置く事は出来ません

バーチャルオフィスのサービスを提供し始めて、すぐの頃。つまり10年以上前の話になりますが、勝手に住民票をバーチャルオフィスで提供する住所に移して、行政から書類が届くケースがありました。もちろん、サービスとして住民票を置く事は禁止していますし、法律的にも不適切です。しかしながら、お客様に聞いてみると「海外に暫く行くのでその間、住民票を置いておきたかった」ともっともな回答が返ってきました。

本当か嘘かは分かりませんがそういったニーズもあるのだなと感じた一件です。確かにバーチャルオフィスで提供された住所に、住民票を置くと言う話はちょっと置いておいた場合、海外に数年行く人の住民票はどうなるんでしょうね。親戚や実家、友達などお願い出来そうな人は多いかなと思いますので、ちょっと不自然ではあります。

さて、本題に話を戻すとこれは、どこの事業者でも同じルールなので、「ここのバーチャルオフィスなら住民票を置いてもOK」なんて事はありませんので、探すだけ時間がもったいない話となります。

 

また脱線してしまうと、越境通学や学区の関係。補助金や手当など、住民票が置いてある行政なり区域がどうしても必要。と言うケースもあると思います。気持ちは分からないでもないのですが、やはりバーチャルオフィスに住民票を置く事は出来ないようです。もっとも、マイナンバーも始まりましたし、行政が国民全員に電子ポストを提供し、それをベースにやりとりが出来るようになれば、それこそ国民がどこにいようが関係なくなるのですが、現代では納税なども地域密着になっているケースも多く、まだまだ時間がかかりそうですね。

 

住所不定無職。ビジネスシーンから変わり、その後、個人にも波及するかもしれません。バーチャルオフィスではなく、バーチャルホーム。などのサービスがあっても良さそうです。

 

 

 

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/2/lolipop.jp-dp51171039/web/blog/wp-content/themes/karigo.net-blog/functions.php on line 160

新着記事

便利なバーチャルオフィスに起こるトラブルを種類別に紹介

事務所を構えることなく、住所や電話番号などが借りられるバーチャルオフィスは、初めて起業する人にとっても利用しやすいのが特徴です。 一方...

バーチャルオフィスの費用相場は?価格別の特徴を紹介

起業する人の増加やリモートワークの普及に伴い、バーチャルオフィスの需要が増えています。 リーズナブルな価格で利用できることが、バーチャ...

おすすめ記事

便利なバーチャルオフィスに起こるトラブルを種類別に紹介

事務所を構えることなく、住所や電話番号などが借りられるバーチャルオフィスは、初めて起業する人にとっても利用しやすいのが特徴です。 一方...

バーチャルオフィスの費用相場は?価格別の特徴を紹介

起業する人の増加やリモートワークの普及に伴い、バーチャルオフィスの需要が増えています。 リーズナブルな価格で利用できることが、バーチャ...

これで失敗しない!バーチャルオフィスを選ぶポイント4つを紹介

バーチャルオフィスの選び方には、ポイントがあります。料金・サービス・立地・運営体制のそれぞれをチェックして、ビジネスに最適なオフィスを見...

起業時にバーチャルオフィスの利用がおすすめ!メリットと注意点を紹介!

バーチャルオフィスは、これから起業を目指す方におすすめです。不動産としてのオフィスをもたなければ、毎月の賃料なども発生せず、無駄なコスト...

記事の検索

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例

基礎知識