お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. バーチャルオフィスKarigoトップ
  2. ブログ一覧
  3. ネットショップの個人運営で自宅住所を知られない方法とは?

ネットショップの個人運営で自宅住所を知られない方法とは?

近年、自分で生産・制作した品や仕入れた品を販売できるツールやサービスが登場しています。これからネットショップを始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

ネットショップを始めるときは、住所の記載が必須です。しかし、個人情報のため自宅の住所は公開したくない、公開したときのトラブルが心配と感じる方は多いでしょう。

この記事では、ネットショップを開くときに住所を知られないための方法について解説します。

ネットショップでは連絡先の表記が絶対に必要!

ネットショップを開業する際には、「特定商取引法」に則って事業者の氏名や住所、電話番号といった連絡先を記載しなくてはなりません。

特定商取引法とは、事業者の悪質・違法な勧誘などを防止し、消費者の利益を守るために制定された法律です。ネット販売のほか、訪問販売や電話勧誘販売、エステや語学教室といった高額のサービスなども適用の対象となっています。

この特定商取引法によって氏名等の表記が義務となっているため、匿名にしたり架空の住所を記載したりすることはできません。住所や電話番号は実際に作業をしている場所のものを使う必要があります。

個人でネットショップを運営する場合、事務所などのオフィスを借りると高額なコストがかかるため、自宅を作業場所とする方も多いでしょう。その場合は、自宅の住所を使用することになります。

ネットショップで個人情報を公開するデメリット

ネットショップを運営する上で、氏名や住所、電話番号等の連絡先の記載は必須です。

しかし、そのような個人情報を記載するとさまざまなリスクが発生します。最悪の場合は引っ越しが必要になるケースも考えられるため、注意が必要です。

ここでは、ネットショップで自宅に関連する個人情報を公開するデメリットについて解説しましょう。

営業のDMや勧誘がくる

自宅住所を公開すると、営業のダイレクトメールやチラシが送られてきてしまうことがあります。例えば、梱包資材の販売会社や印刷業者、ECショップの運営会社など、ネットショップ運営に関連する企業などからの営業です。

ときには、営業担当者が電話してきたり、直接訪問したりすることもあるかもしれません。

住所の公開によって、これらの営業への対応に追われてしまうことになる可能性があります。

電話が頻繁にかかる

ネットショップの運営には電話番号の公開も必要です。自宅の電話番号や個人の携帯電話番号を記載すると、問い合わせの電話が昼夜問わずかかってきてしまう可能性があります。

一般的にネットショップを利用する時間は、仕事終わりの夕方から就寝前の深夜にかけての時間帯がもっとも多いため、営業時間が終わるタイミングで問い合わせが来てしまうことが考えられます。

営業時間を記載していても、確認しないまま電話をかける人は少なくありません。プライベートに支障をきたしてしまう可能性もあります。

さらに、ネットショップの運営に関係ない迷惑電話がかかってくることもあるため、わずらわしい思いをしてしまうかもしれません。

個人情報を悪用されるリスクがある

自宅情報の公開によって大きなリスクとなるのが、個人情報の悪用です。勝手に拡散されたり、なりすましの被害にあったりする可能性も否定できません。

一度公開したら業者などに情報が登録されてしまい、ネットショップ上の表記を削除しても悪用が続いてしまう可能性があります。

悪質な第三者の手に渡ると、インターネット上の掲示板に個人情報が書き込まれたり、住所から自宅の外観などが特定されたりすることも考えられます。最悪の場合、引っ越しを余儀なくされるかもしれません。

もちろんこのようなケースが必ず起こるというわけではありません。しかし、リスクを伴う行為であることを考慮すると、自宅住所の公開は得策ではないといえるでしょう。

特に、家族と一緒に暮らしている場合や女性一人で生活している場合、持ち家で引っ越しにくい場合などは自宅以外の住所の利用を検討するのがおすすめです。

ネットショップで自宅住所を公開したくないならバーチャルオフィス!

「ネットショップを始めたいけれど、自宅住所の公開は避けたい…」という方におすすめの方法は、バーチャルオフィスを利用して住所を借りることです。ここからはバーチャルオフィスの特徴やメリットについてご紹介します。

バーチャルオフィスがおすすめな理由

バーチャルオフィスは、使用料を払うことで住所や電話番号を借りることができるサービスです。ネットショップなどの事業にも利用できるため、契約すれば自宅の住所を公開する必要がなくなります。

サービスの詳しい内容は利用するバーチャルオフィスによってさまざまですが、かかってきた電話の転送や郵便物の受け取り・転送に対応してくれるところもあります。

個人だけでなく法人ももちろん利用可能で、登記する際の住所としても使うことができます。

バーチャルオフィスを利用するならKarigoへ!

ネットショップ運営でバーチャルオフィスを利用するなら、Karigoにお任せください。

Karigoは全国に50を超える拠点を展開する、大規模なバーチャルオフィスの運営会社です。

リーズナブルな利用料がおすすめのポイント。個人であれば月額3,300円~と低コストで住所を借りることができます。

さらに貸会議室やミーティングスペースも併設されているため、必要な時間数だけ予約してレンタルすることが可能です。商談やミーティングなど対面するスペースが一時的に必要という場合に便利で、場所を維持するためのコストをかける必要がありません。(※)

「住所を知られたくない」「資金を抑えてオフィスを借りたい」という方は、ぜひ一度お問い合わせください。

※契約店舗によっては利用できないことがあるのでご注意ください。

まとめ

インターネットサービスの普及によって、誰でも気軽にネットショップを開業できるようになりました。個人事業の新たな販売チャンネルを増やしたり、副業をしたりといろいろな形で開業する方も増えています。

ネットショップの開業には氏名や住所等の情報公開が義務付けられていますが、自宅情報の公開にはリスクが伴います。自宅住所を使えばコストはかからないものの、営業が来たり個人情報を悪用されたりするかもしれません。

そうしたリスクを減らし、できるだけコストをかけない方法として、バーチャルオフィスがおすすめです。安全にネットショップを開業するのなら、バーチャルオフィスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/2/lolipop.jp-dp51171039/web/blog/wp-content/themes/karigo.net-blog/functions.php on line 160

新着記事

ネットショップの個人運営で自宅住所を知られない方法とは?

近年、自分で生産・制作した品や仕入れた品を販売できるツールやサービスが登場しています。これからネットショップを始めたいと考えている方もい...

スタートアップ企業におすすめのオフィスとは?選ぶポイントを紹介!

スタートアップ企業とは、斬新なアイディアを用いて短期間で成長し、目標を達成する会社を指します。スタートアップ企業が事業を成功させるのに重...

おすすめ記事

ネットショップの個人運営で自宅住所を知られない方法とは?

近年、自分で生産・制作した品や仕入れた品を販売できるツールやサービスが登場しています。これからネットショップを始めたいと考えている方もい...

スタートアップ企業におすすめのオフィスとは?選ぶポイントを紹介!

スタートアップ企業とは、斬新なアイディアを用いて短期間で成長し、目標を達成する会社を指します。スタートアップ企業が事業を成功させるのに重...

自宅の住所で登記はできる?メリット・デメリットを紹介

会社設立時に行う登記では、本店所在地の記載が必要です。オフィスが決まっていない場合に、本店所在地として自宅の住所で登記することは可能なの...

レンタルオフィスは起業に最適!?法人登記をする際の手順を紹介

これまで自宅で仕事を行ってきた起業家の方も、会社の設立にあわせてオフィスを持つことを考え始めるのではないでしょうか。また、プライバシーの...

記事の検索

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例

基礎知識