お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. バーチャルオフィスKarigoトップ
  2. ブログ一覧
  3. ネットショップでバーチャルオフィスを利用するメリット

ネットショップでバーチャルオフィスを利用するメリット

ネットショップでバーチャルオフィスを利用するメリット

 

近年、ネットショップを開設するにあたってバーチャルオフィスを活用する方が増えています。
ネットショップであれば自宅兼オフィスとしても良いのに、なぜバーチャルオフィスが利用されるのでしょうか?
その理由とバーチャルオフィスを利用することのメリット、デメリットをご紹介します。

そもそも「バーチャルオフィス」とは?

バーチャルオフィスとは現実の事務所を構えず、住所や電話番号などだけを利用する架空のオフィス形態です。
場合によってはごく小さな物理的スペースが提供される場合もあります。

バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスのメリット

1.通常のオフィスに比べて安い

バーチャルオフィスの料金が、通常のオフィスに比べて安いことはメリットだと言えるでしょう。
月額数千円からオフィスを設定することができます。

2.手続きが素早く終わる

行わなくてはならない手続きが少ないため、現実の事務所を借りるよりもずっと早く業務を開始することができます。

3.個人情報を秘匿できる

ネットショップで商品の販売を行う場合、自宅を本社所在地として登録してしまうと自宅の住所が世間に向けて公開されてしまいます。
若い女性などがショップを開設する場合、それは避けたいところでしょう。
レンタルバーチャルオフィスを利用すれば、その心配はなくなります。

バーチャルオフィスのデメリット

1.他の企業と住所が同じになる可能性がある

最近ではネットショップのような商用サイトを運営している企業が、バーチャルオフィスを利用するようになってきました。
その結果、取引先や消費者がネットで住所を検索した際に、同じ住所の企業が見つかるという現象が起きることもあります。

2.郵便を受け取るまでの時間がかかる

起業する場合、さまざまな場面で郵便や書留などの宅配物を受け取ることがあります。
そうした際の荷物は全てバーチャルオフィスに届き、その後自宅などの指定された場所に転送されることになります。

そうしたバーチャルオフィスを通して、郵便を受け取る場合は、直接自宅で受け取る場合に比べて時間がかかってしまいます。
急を要する書類や荷物がある場合、迅速な対応を行うことは難しいと言えるでしょう。

以上のメリットもデメリットもあるバーチャルオフィスですが、利用することができればとても便利なものです。
またバーチャルオフィスは比較的新しいオフィス形態であるため、それに対する法も変わっていきます。
都度状況を調べ、最適のオフィス形態でネットショッピング事業を運営していきたいものですね。

 

新着記事

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

レンタルオフィスやバーチャルオフィスが利用され始めて約20年。両キーワードはメジャーになりましたが、実際どこが違うのか?設備、サービス...

節税やコロナでも使える経営セーフティ共済

節税対策として税金の繰り延べ効果がある「経営セーフティ共済(旧:倒産防止共済)」。最大800万円まで積み立てることができ、年間最大納付額は24...

おすすめ記事

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

レンタルオフィスやバーチャルオフィスが利用され始めて約20年。両キーワードはメジャーになりましたが、実際どこが違うのか?設備、サービス...

節税やコロナでも使える経営セーフティ共済

節税対策として税金の繰り延べ効果がある「経営セーフティ共済(旧:倒産防止共済)」。最大800万円まで積み立てることができ、年間最大納付額は24...

持続化給付金のすすめ

経産省を初めとした各省庁で、コロナ禍による影響を軽減する、様々な事業者向け支援が行われています。その中でもバーチャルオフィス利用者におす...

神奈川県にて新店オープンのお知らせ

神奈川県では、4店舗目となる「バーチャルオフィス神奈川 座間」店がオープン致しました! 所在地は、神奈川県座間市相模が丘となり住所形態は...

記事の検索

バーチャルオフィスとは

新着記事

Archive

利用事例

基礎知識