お問い合わせ・ご相談
03-3546-8801
10:00~17:00 土・日・祝日を除く
  1. バーチャルオフィスKarigoトップ
  2. 全国のバーチャルオフィス店舗一覧
  3. バーチャルオフィス神奈川 横浜

バーチャルオフィス神奈川 横浜横浜のイメージ

基本情報

提供住所(概要) 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢~
提供住所(建物名) 建物名 ○○号
店舗基本情報
  • 営業時間
    郵送転送のみ
  • 提供番号局番
    045-*
  • 定休日
    土日祝その他

提供可能プラン

ホワイトプラン サービス
  • 住所
    貸出
  • 共有
    FAX
  • 転送
    電話
  • 電話
    代行
入会金 ¥5,250
月額基本料金
  • 個人名¥3,150
  • 法人名・屋号¥5,250
ブループラン サービス
  • 住所
    貸出
  • 共有
    FAX
  • 転送
    電話
  • 電話
    代行
入会金 ¥10,500
月額基本料金 ¥10,500
オレンジプラン サービス
  • 住所
    貸出
  • 共有
    FAX
  • 転送
    電話
  • 電話
    代行
入会金 ¥18,900
月額基本料金 ¥15,750
シルバープラン サービス
  • 住所
    貸出
  • 共有
    FAX
  • 転送
    電話
  • 電話
    代行
入会金 ¥18,900
月額基本料金 ¥21,000

周辺地図

  • 地図は実際の店舗住所とは異なります。

オーナーコメント

バーチャルオフィス横浜オーナー
バーチャルオフィス神奈川横浜店は、神奈川地区でも人気エリアである横浜市神奈川区のご住所がご利用いただけます。バーチャルオフィスは、横浜の商業の中心地であるJR「横浜駅」、市営地下鉄「三ツ沢上町駅」近くにございます。 商業施設としては、横浜ベイクォーター、高島屋、そごう、ビブレなど全国的にも有名な施設がございます。また宿泊施設では、ベイシェラトン横浜などもございます。横浜駅から少し離れた郊外には、Jリーグチームの本拠地もある三ツ沢公園があり、自然豊かな場所ございます。知名度抜群のエリアの住所でビジネスを行える事や、港町「ヨコハマ」のブランド力で取引先から好印象を持たれる点にメリットがございます。 横浜市で起業や独立などをする際にバーチャルオフィスをお探しの方はお気軽にご相談ください。



横浜店コラム

以前に比べて気軽に起業しやすくなった現代において、悩ましい存在がオフィスについてでしょう。名刺やホームページに記載する住所はビジネスを展開するに当たって大きな武器となるため、横浜エリアでバーチャルオフィスを借りるケースがたくさんみられます。それによるメリットがたくさん考えられ、信頼性のアップや成約率の向上にも繋がります。


横浜という街について

横浜市は神奈川県の県庁所在地であり、日本を代表する港街です。明治時代から海外との貿易などで非常に栄えており、特に首都圏在住の人たちにとってはおしゃれに感じるエリアでしょう。すぐ近くには大都市東京があり、神奈川県の中でも活気がある川崎市もあり、経済的な規模の大きさは計り知れないほど大きいです。ですからこの街を中心に新たなビジネス展開を図ろうとする人も多く、その際にバーチャルオフィスの活用を検討する例も少なくありません。利便性の高さや美しい海、みなとみらい地区の風景などがネームバリューを作り上げていて、横浜市中心部の住所が名刺やホームページに書かれているとビジネスにおける信頼関係も成り立ちやすいと言われています。

ここはとにかく観光スポットもたくさんあり、横浜中華街や山下公園、その周辺のみなとみらい地区は全体的に美しい景色を見せてくれ雰囲気も非常に良いと評判です。市内を走る地下鉄は便利ですし、東京や川崎をはじめ湘南地域やそれ以外のエリアに行きやすい鉄道路線も複数走っています。また新横浜駅は新幹線の駅としても重宝されていて東海道新幹線のぞみも停車するため、かなりビジネスに利用されているのではないでしょうか。都会である利便性の高さやネームバリュー、すべてを兼ね備えているところはそれほど多くはありませんが、横浜であれば理想とするビジネス展開が可能となるでしょう。


バーチャルオフィスを横浜で借りるメリット

一般的なオフィスを横浜地域で借りることは費用的にも厳しいケースがありますが、それはレンタルオフィスにおいても同様でしょう。しかしバーチャルオフィスの場合には、さまざま考えられる不安やデメリットを払拭してくれ、業務遂行におけるメリットを享受しやすくなっています。 この街にはたくさんのバーチャルオフィスがあるからこそ自らの事業に最適な物件を選びやすく、優れた武器にすることができます。横浜という街は日本人だけではなくて外国人に対しても強みを発揮していて、あらゆる場合においてメリットになり得るでしょう。羽田空港にも比較的近いですし、ここには港もあるため多種多様なビジネス展開をしている事業者にとって理想的な街だといえます。

独立開業する際には、本拠地となる住所にこだわるものです。見栄を張る人も少なくないからこそ、バーチャルオフィスの需要が高まっており、契約、活用しているのです。必要に応じて郵便受け取り代行や電話対応代行サービスなども付加させることができます。そのようなサービスの充実度に加える形で横浜という武器を利用すれば、他の地域でのビジネス以上にうまくいく可能性もあるでしょう。それぞれバーチャルオフィスに期待するメリットは違いますが、契約するオフィス物件の住所はとても重要な意味を持ってきますし、メリットに直結するので慎重に検討するとよいでしょう。

バーチャルオフィスは一般的なオフィスやレンタルオフィスの契約をしていなくても住所利用が可能であるケースが多いです。ですから、独立開業などの際に契約するケースがみられ、特に横浜エリアの場合はたくさんのメリットが期待できます。東京に近い点や国際色豊かな点も横浜ならではの魅力であり、利点です。自らの事業内容に応じたサービス展開をしており、アクセス的にも優れたところを利用してみましょう。